05 CONSTRUCT 構造

安心と安全に配慮した基礎構造。


基礎構造

建設地で地質調査を行い、地盤を確認したうえで、深さ約28mの地中まで14本の杭を打ち込み基礎構造を安定させています。

溶接閉鎖型筋

「溶接閉鎖型筋」は鉄筋1本ずつ輪になるように溶接することで、継ぎ目が少なく柱の強靭性を強化でき、地震などの揺れに対しても粘り強い柱を実現します。

フローリング・床スラブ

遮音性を高める⊿LL(I)-4等級のフローリングを採用。スプーンなどを落とした際に発生する軽量床衝撃音を軽減し、下階への音漏れに配慮しました。また、ボイドスラブにすることで、小梁のないフラットな天井を実現しました。

妻側外壁・戸境壁

妻側外壁コンクリート圧は約180㎜圧以上、戸境壁には約136㎜圧の遮音耐火間仕切壁を採用。高い構造強度が得られます。また、外部や隣接する住戸からの生活音にも配慮しました。

耐震枠付玄関ドア

玄関ドアとドア枠の間に、すきまを設け、地震時にかかる玄関ドア全体への荷重を吸収・緩和する、「耐震枠付玄関ドア」を採用。地震時の閉じ込めを防ぎます。

Low-E ペアガラス

冷暖房の無駄を省き、効率よく利用するために窓対策が重要です。次世代エネルギー基準に適合し、さまざまな環境に対応する「複層ガラス」。中でも、遮熱と断熱の機能を発揮する「Low-E 複層ガラス」なら、効率的に熱をコントロールできます。不快な結露の発生も抑えることができます。

T-2等級の防音サッシュ

遮音性の高い防音サッシュ(遮音等級T-2相当)を開口部に採用しました。外部からの音を約30db軽減します。
※イラストはイメージに付き、実際の部屋にはサッシュ以外の部分からも音が伝わるため、数値通りの効果は得られません。
※音の感じ方には個人差があるため、絶対的な判断はいたしかねます

品質保証

国が定める第三者評価機関によってマンションの性能評価を受ける設計性能評価書を取得済み。さらに竣工時には、建設住宅性能評価書も取得予定です。

24時間換気システム

室内の空気をクリーンに保つため、各室の換気口から空気を取り入れ、汚れた空気や湿気などは洗面室・トイレ・バスルームから強制排気します。

省エネルギー性に関する基準

この基準は、住宅の品質確保の促進に関する法律に基づく評価方法基準で、第5の5-1断熱等性能等級に定められいる等級4の基準です。この基準は、住宅を断熱材料で包み込むことにより、従来よりも高い水準の断熱性を実現するためのものです。


髙松建設株式会社

私たち髙松建設は、集合住宅のパイオニアとして、全国に4700棟を超える実績があります。お客様のお悩みや課題を夢に変え、カタチにし、未来につながる建物を建ててまいりました。ここ近年では、ホテル、工場・配送センター、病院、高齢者施設、寮、店舗、事務所ビル等、すべてのフィールドで確かな実績を残しています。社員の半数以上が国家資格を保有した技術者集団だかrこそ生み出せるアイデアや知恵があります。入居者様の安全で快適な暮らしの実現、お客様の想いを髙松建設の知恵と技術でつないでまいります。

株式会社東洋設計事務所

株式会社東洋設計事務所は、1966年の事務所設立以来、快適で高品質な空間をめざし、京都をはじめとする関西圏を中心に700棟以上の設計管理の実績を積み重ねてまいりました。半世紀の歩みのなか、空間づくりに求められるものも多様に変化してまいりましたが、「安心・快適な空間づくり」を第一に考えてまいりました。これからも変わらず、地域の文化や環境との調和をはかりながら未来へとしっかり受け継ぐことができる。そんな空間ストーリーを今後も考え続けます。

日本住宅管理株式会社

日本住宅管理は、日本管財のマンション管理に特化したグループ会社として、高品質なサービスの提供や顧客ニーズの多様化に対応するサービスメニューの充実、新規営業での競争力の強化を図るとともに、サービスツールとインフラを共有することにより、さrなる業務の効率化を推し進め業務拡大を目指してまいります。

RESERVE

ご来場予約の受付スタート!

REQUEST

まずは物件資料をご請求ください!